会社概要

経営理念

植田アルマイト工業株式会社は
誠実を基本理念とし
安全な事業活動を通じ高品質な表面処理技術を
提案・提供することにより信頼される企業をめざす

行動指針10ヶ条

植田アルマイトすべての役員、社員一人ひとりが経営理念の具体化に向けて実践すべきこと

1、すべてにおいて「誠実」に行動することを原点とします
2、「礼儀」を重んじ、「規律」を守り、「安全」で明るい活力ある職場を築きます
3、お客さまとの「約束」は必ず守ります
4、「お客さまの視点」に立って考え行動し、「信頼」される存在になります
5、何事においても「スピード」を重視し、迅速に行動します
6、自らの「責任」と「役割」を自覚し行動します
7、日々「開発」「改善」に努めます
8、「品位」ある言動・行動をします
9、「報告・連絡・相談」を必ず実施し、各部署間の必要な「情報共有」を徹底します
10、プロ意識のもと、仕事に「誇り」と「使命感」をもって社会に貢献します

品質方針

 JIS表示認定工場 「陽極酸化皮膜技術」 1972年07月
 JIS表示認定工場 「陽極酸化塗装複合皮膜」 1982年07月
 JIS表示認定工場三重工場 「陽極酸化皮膜加工技術」および 「陽極酸化塗装複合皮膜」 2000年03月
 ISO9001 認証取得 三重工場 2002年09月
 ISO9001 認証取得 堺硬質工場 2003年11月
 ISO9001 認証取得 本社工場 2004年10月
 ISO14001認証取得 堺硬質工場 2006年03月
 ISO9001 認証取得 三重硬質工場 2007年01月

お客さまのご要望に確実にこたえる品質こそが、信頼の源泉であり、この信頼の積重ねが当社の発展と社会貢献につながると信じております。

具体的な目標

顧客のニーズと期待にあった表面処理加工(アルマイト加工)を提供する。
新しいアルマイト加工技術を開発し、最適の加工技術をもって、顧客満足を得る。
個人の技術を高め、普段の態度能力を磨き、製品に注入する。

上記の3目標を柱に「品質方針」を掲げ、お客さまのご期待にこたえるよう、努力を重ねてまいります。

環境ポリシー

私たちは「地球環境」を保全し、「すべての生物との共生」できる環境を未来に残すために、当社もその一員として役割を果たしたいと考えます。

当社は、「すべての生物との共生」をスローガンに、工場美化に勤め、全員の創意工夫による「環境改善活動」を経営の重要課題として位置付けて、「地球環境」を健全な姿で、未来の子どもたちに届けるために、この基本的責務をもって、事業活動を行うことを誓います。

当社において、適用可能な環境法規制・条例・その他の要求事項を順守します。 このため、以下に自主的目標を設けて、継続的環境改善に努めます。

○関連する環境法規制・条例・その他の要求事項を順守する。
○省エネルギー(電気)活動を推進します。
○水・石油製品などの天然資源の使用削減およびリサイクルを行います。
○有害化学物質の使用量の削減と、その代替物質の利用を図ります。
○産業廃棄物の排出量低減および浄化に努めます。

当方針は、全社員および社内で作業をするすべての人々に、周知徹底させ、環境管理活動が維持されるように環境教育を推進します。

2006年3月に堺硬質工場においてISO14001を審査登録いたしました。

開発守秘義務ポリシー

開発守秘義務

お客さまの「プライバシーを守ること」は、当社では、大変重要なことと考えます。各社の機密事項に関する「新製品情報」「新部品の開発」などの多くの開発に参画させていただいております。おのずと守らなければならない絶対の ものがあります。「開発・製造」にかかわる守秘義務の遂行は、何よりも絶対とルールの順守をいたします。

情報セキュリティー基本方針

当社は、お客さまに「表面処理加工技術(アルマイト加工)」を提供しています。この事業に際して、お客さまの貴重な情報をあらゆる脅威から保護する必要があります。これらを極めて重要な経営課題と位置付けし、下記の方針で、情報セキュリティを確保いたします。

お客さま、ならびに当社の情報資源をあらゆる脅威から守り、維持し、事業継続を確実にするために「情報セキュリティ基本方針」を定め順守します。全社員は、情報セキュリティの規定を守り、情報資源を正確かつ安全に取扱うことにより、お客さまの情報を保護し、その信頼にこたえます。

組織活動
1.当社の業務に従事する全員に対して、「情報セキュリティ」に関連する法令、その他の規範および契約上の義務を順守させる。
2.情報セキュリティ管理責任者(MS管理責任者)を選任し、情報セキュリティ・マネジメントの確立および維持改善を図る。
3.内部監査を定期的に実施し、運用の改善を図る。
4.当社の業務に従事する全員に対して、教育・啓発を継続的に実施し情報セキュリティ事故の防止に努める。

2016年4月1日
植田アルマイト工業株式会社
代表取締役社長 植田 信夫